*Coffee Tramの自家焙煎珈琲について
 

『使用している豆について』

珈琲に関して、全てに共通するような定義はないものと感じています。 一般に、珈琲豆の焼き具合は豆の色で分けられて名前がつけられています。 けれど、実際は同じ豆の同じ焼き色でも、焙煎の仕方によって味が違うことがあります。 同じ豆でも、豆を焼いた人によって珈琲豆は変わります。 豆に対しての世間の評価は、重要視せず、 当店の豆は自分で焙煎をして味をみて決めています。

酸味が感じられないくらいの深炒りの珈琲。 けれど、嫌な苦味がなくコクがありトロっとした甘味がありキレがいい。 香りに関しては”匂い立つ”という表現の方がしっくりくるような そのポイントを追求し続けるのが当店の珈琲です。

基準は酸味がなくなるポイント。そのポイントで焼き上げ味をみます。 その豆がブレンド用ならば、ブレンドに対してどういった使い方ができ、どのような影響を与えるのか。その時自分が求めているものがあるのか。 ストレートならば、甘味苦味酸味が深炒りに適しているのかに加え、その豆独特の面白みがあるか。 大まかにそのようなことを考えて決めています。

”深炒り”というのは決めてしまっているのでお客様方に対して押し付けてしまっているようで申し訳なく感じています。 酸味がある浅炒りの珈琲が不味いということではありません。 酸味が強くても嫌に感じず、膨大な香りが立ち、甘味があり、キレがある珈琲はあります。 ただ、”ずっと追求していく深炒りの味”を守りたいという思いが非常に強いのです。